【科学】宇宙に行く方法を考察してみた

宇宙について

みなさんは宇宙に行きたいと思ったことはありますか?ありますよね。

なので、僕なりに""""""現実的に"""""""宇宙へ行く方法を考えてみました。

1. 自身を高次元的存在へと昇華させ、宇宙空間への座標間移動を可能とする

これが最も現実的でしょう。なぜなら自分自身を変えるだけで宇宙への移動が可能だからです。 問題点としては高次元的存在になる方法ですが…

  • イメージトレーニングをする

イメージは大切です。 関係ないですがトンネル効果というもので私達物質には常に物質を通り抜ける可能性があります。 きっと人間70億人もいれば地球すら通り抜けて宇宙空間への移動が可能なのではないでしょうか。 通り抜けたら重力によって地球の中心に向かいますね。 溶けますね。無理でした。

2. 明晰夢を活用する

オカルト的には幽体離脱とも言います。 オカルトな掲示板で詳細を知ることが出来ますが、なんかオカルトっぽくオカルト的なまどろっこしい書き方してる人が多いので解読に時間がかかります。 読み物としては面白いと思うので気になる人はオカルト的な幽体離脱について調べてみてください。中学二年生の時に読みましたが、感受性豊かな中二だったのでとってもハマりました。

で、明晰夢とは要するに意識のハッキリしている夢です。意識がハッキリしているので、宇宙に行こうという意識を持って移動してみてください。 大丈夫です、夢なので空飛べますしワープもできます。おめでとうございます。

欠点としては、現実ではなく夢だということです。あと記憶に無いものは夢の中に想像として出てくることしかないので、明晰夢内の宇宙には個人差がありますし、意識を集中させないと夢なのですぐに場面転換してしまいます。 後はいつ夢が覚めるか分からないということが大きな欠点としてあげられます。

外出(学校、会社)帰りなど、疲れている時に仰向けで横になると10分程度でなんか体が動かなくなります。 いわゆる金縛りですね、金縛りというとなんかオカルトですが、体が眠ってるけどまだ脳は生きてるみたいな状態ですね、疲れてると起こりやすいです。 その時起きようとせずにそのまま目を閉じたまま待機です。 うまくいけば、そのまま明晰夢へ突入できます。

結構いい方法だと思うんですけど、現実ではないのが少々ネックです。 行くなら夢ではなく、現実が良い。当たり前です。 明晰夢は宇宙に行くためではなくエッチなことをするためにあるのです。 (余談ですが、エッチなことをしようとしても実際にエッチなことを行ったことが無ければ記憶が存在しないので、重要な部分にモザイクがかかったりします。残念ですね。)

それでは、最後に最も合理的な方法を紹介します。

3. 地球のみを消す

これが最も確実です。 地球そのものを消します。 人を含む生物、人が作ったものは消えません。 自然にできた非生物が消えます。 地球は生きているみたいな考えはオカルトチックなのでやめてください。 私の認識が正しければ宇宙というのは、地球の外のことです。よくわかりませんが、人工衛星があるくらいの高さまでいけば宇宙ですよね?

つまり、地球が消えてしまえば今いる場所は宇宙になります。

もちろん、地球が消えてしまえば地球の重力も消え(たぶん月に向かって落ちそう)、行き場を失った空気はやがて分散し、消え、生命は死にます。

でもそれでいいじゃないですか。

地球が消えれば、命を失うその瞬間まで私たちは宇宙に居る。

いいんです、死んでも。

僕は宇宙に行きたい。

賛同者の皆さん、共に地球を消しましょう。

そのためにコンピュータをサイエンスしてるのだから……

2016年6月19日 アベベ

おわりです